『ウィザードリィ』の音楽の作曲に関与した羽田健太郎は偉大。

 羽田健太郎の音楽は暗くそして明るい。明暗がうねるようにウィザードリィでも一つの世界を表現しているといえる。

 クラシックのような荘厳な音楽が作曲できた羽田健太郎は天才ピアニストであったが、実は貧しい母子家庭の生まれで独学で音楽を学んだ努力型の天才だった、と思った。

Haneda-41


 クラシックを勉強して、そのあとスタジオミュージッシャンに転身してクラシック界を裏切った意識を持っていたようだ。恩師である桐朋音大の教授に可愛がられ、トップの成績だったのでアメリカへ留学した。

 帰ってきて、クラシックをやめた。 世話になった人のことを考えれば、かなりの決心だったと思う。

 クラシックはピアノを習うのならいいが、それで生活をしていくのは、並大抵ではないことを知っていたのだろう。

 昔から、音楽家、芸術家はメディチ家のような大富豪や財閥によってお抱え演奏家、肖像画家は成り立ていた。科学者さえ、お抱え学者でなければ生きていけないのが、ルネッサンス時代頃からの伝統であった。

 柔和な顔で人をそらさない話術があったが、酒を浴びるように飲んだのは、危機感がいつもあったのかもしれない。自伝著書には、家を建てたかったと書いてあるそうだ。

 生まれたしぐに銀行員の父が死んで、母の祖父母に育てられた。祖父に音楽は勧められて学んだという。

羽田健太郎は惜しまれて逝った

 羽田健太郎も母親にピアノを買ってもらい、海外留学までした音楽のエリートでもあったが、ピアノの演奏だけでは食べていけないのでポピュラー音楽の作詞・作曲も引き受けたり、アニメやゲームの作曲も引き受けるようになる。

 『ウィザードリィ』の名曲も羽田健太郎の業績では傍流でどちらかといえば本流ではない、のだろう。

 ウィザードリィが好きな人は名曲と思い、高く評価しているのは当然なのだが、あくまで羽田健太郎の世界の一部にウィザードリィのゲームBGMをクラシック風に作曲した作品があるというのがハネケンのファンの見方だろう。

 実は日本の『ウィザードリィ』は貧しいクリエイターが支えた情熱があったゲームではないのか?と思うことがあるのだが、羽田健太郎も末弥純も余り裕福ではない状況から『ウィザードリィ』で情熱をぶつけてきたのではないか?とも思えてくる。

 大江健三郎と親交があった武満徹や『未来少年コナン』のBGMを作曲した池辺晋一郎より、羽田健太郎のピアノ演奏や作曲はあくまでアマチュア音楽でしかないという指摘がクラシック音楽通からはある。


羽田さんのピアニストとしての水準は,クラシックの世界からみると残念ながらそれほど高いものではありません。eight8thmanさんの記述通り, ポップス系のピアノ弾きとしてなら一流だと思います。

彼の音色は確かに美しいものがありますが,そうでない部分もあってムラの多い人だと感じます。

打鍵も アーティキュレーションも洗練された印象がなく,曲に統一感が不足しています。

このことが災いして演奏に深みが欠け,本格的な曲を弾くには今一歩という奏者だと思います。

eight8thmanさんが言うように,ベートーヴェンやショパンの作品集をCD化しても,特別な奏者の演奏例として一時的に関心を集 めそうですが,恒久的にクラシック・ピアニストとしてやっていくにはどうかなというところです。

羽田健太郎さんのピアノのレベルはどの程度だったのですか?

 とはいうものの羽田健太郎の音楽は普通に『ウィザードリィ』を楽しむとなると充分に素晴らしいのだが、あくまで日本のクラシック音楽の世界では武満徹や池辺晋一郎は本流で羽田健太郎やすぎやまこういちは傍流なのだろう。

 自分も羽田健太郎といえばクラシックのピアノ演奏より『ウィザードリィ』の荘厳なBGMとか場合によっては『マクロス』のOPのイメージを持ってしまうが、ゲームやアニメに感心がないクラシック音楽マニアにいわせるとアマチュア音楽家に近い位置づけになっているようでもある。
 

アポロン ゲームミュージックBOX ~メモリアル・サウンド・オブ・ウィザードリィ~[GAME SOUND LEGEND SERIES] (完全生産限定盤)

新品価格
¥65,800から
(2014/6/2 09:47時点)


とはいうもののWe love Wizardry!で羽田健太郎のクラシック音楽があってこそウィザードリィでゲームの影響でクラシック音楽への感心や教養を深めるのはいいことだ、と思うことしきり。