末弥純が『ウィザードリィ』で描く悪魔の姿を見た際に詩人であり、画家だったウィリアム・ブレイクの影響も強そうな気がする。

 ファンタジーに悪魔は欠かせない強大な敵とて君臨しているが、新人であり、画家であってウィリアム・ブレイクもまたファンタジックな幻視者のような世界を表現することにおいては神業をもっていたらしい。

Great-red-dragon-L

 ウィリアム・ブレイクの絵画なのだが、神秘主義とかオカルトやファンタジーの世界の表現者には著名だったりするのだが、ともかく、不思議な世界を表現して、死後の世界とか霊界のイメージとなれば訴えるものが強い画家でもあるのだが。

but812_1_10_wc_100

 末弥純もウィリアム・ブレイクの奇怪な絵の世界を知っていて『ウィザードリィ』のモンスターデザインにも多大な影響も与えているような気もするのだが。

 魔界とか霊界とか地獄を絵にするとなればイギリスの詩人のウィリアム・ブレイクの絵画というのは昔から多くの人に影響を与えていたともいうので末弥純も『ウィザードリィ』の世界でモンスターデザインの参考にしたのか?と思えてもくる。

 作家の大江健三郎もウィリアム・ブレイクの詩や絵が好きだ、というのだが、恐ろしいグレーターデーモンやエロスに満ちたサッキュバスのデザインの原点にウィリアム・ブレイクはあったのか?と自分なりに思うこともあるのだが。

 末弥純的な悪魔の姿が私は『ウィザードリィ』の影響で好きになったとなればウィリアム・ブレイクの絵画のよさも理解できるかもしれないとひしひしと感じもするのだが。

 地獄の底とか魔界とか霊界の姿を書いた詩人であって画家であったウィリアム・ブレイクは『ウィザードリィ』だけではなく、『ウルティマ』とか『指輪物語』にも影響を与えているというのだからファンタジー思考の人には好きな画家として著名なのだろう。
 

ウィリアム・ブレイクの芸術

中古価格
¥1,588から
(2014/6/2 09:06時点)

 
 末弥純は自分を語らない画家ではあるのだがF・ベーコンやウィリアム・ブレイクの影響も強く受けているのではないか?とも自分なりの感想では感じることがある。