悪名高きウィザードリィ4の敵がバラ・・・

 クラシックなグラフィックを選ぶとこんな感じになる。

 きれいなバラのモンスターがワードナを襲う・・・・というわけではなくて、地上で待ち構えている善のロードを象徴的に表現していたPC-98時代のグラフィックなのだけど。

smile


 きれいなバラには棘がある・・・・みたいにグラフィックがPC-98時代が好きだというマニアもいるのだが、残念なことに『ワードナの逆襲』をクリアするのは不可能というか、余りにも難しすぎる。

 月桂樹騎士団とかペリカン騎士団とかソフトークオールスターズ-1とかの個性的な敵もいるにはいるのだが、誰もがクリアできるほどほどの難しさでないのがウィザードリィ#4だろう。

 薔薇の貴婦人のグラフィックは面白いのだけれども、地上にワードナが戻るまでたどり着けない困った罠が多すぎるのが問題でPS版の『ニューエイジ・オブ・リルガミン』でもアレンジでやってもワードナの逆襲は難しすぎる。

 自分もPS版の『ニューエイジ・オブ・リルガミン』を購入して遊んだが、ドリームペインターの羽根を得たところで一体、何なんだ?でやる気がなくなってついにワードナの逆襲は投げ出してしまった。

 敵のアイディアでG-LORで善のロードがワードナの敵になって襲ってきて、ワードナはモンスターを召還して倒すアイディアは面白いが、いかんせん#4は問題が多すぎ。

 でも・・・薔薇の貴婦人のグラフィックが女性のロードでちょっとだけ味わい深いのでほめたくなる魅力があるのが微笑ましい。

 クリスタルローズ

 薔薇の貴婦人を倒せばクリスタルローズが入手できるので薔薇のグラフィックを活用しているらしいのでイコンというかアイコンみたいなものでアイディアだけはユニークなんだろうな、と感心はするが。