『ウィザードリィ5』で地下6階の氷の地下迷宮に登場するのがブラットウィアー。

奇怪なモンスターで攻撃を受けるとたまに生命力が1点奪われるペナルティが出る。

グロテスクで奇怪な想像上のモンスターなのだけれどもさながら正体不明の魔物・・・で元ネタが気になっていたが、最近、どうも、元ネタになるアイディアがちょっと分かる。

ブラッドウィアー


どうも元ネタは画家のフランシス・ベーコンのトリプティクスというアート作品か?と思うが、どうか?

「キリスト磔刑図のための3つの習作」なのだが美術の世界では非常に評価された有名な作品でもある。ベーコン 絵

ブラットウィアーの奇怪な姿がベーコンの奇怪な3面で怪物を表現したアート作品に似ているといえば似ているし、末弥純が参考にした元ネタがF・ベーコンだとしたらやはりすごい・・・ということになりはしないか?

今まで自分はブラットウィアーの奇怪な姿は末弥純の頭の中の構想だと思っていたのだが、元ネタに20世紀最大の画家と評価されたフランシス・ベーコンとも考えもしたのだけど。

ウィザードリィとアートが好きな人がいたら自分のように考える人も少しいるかもしれない・・・

ベーコンは嫌いな画家だという意見がある一方で、末弥純の描く、モンスターのブラットウィアーに恐怖な魅力を感じる人がいるように評価する人もいるのは自然なことなろだろう。

畏敬する怪物・・・ブラットウィアー・・・そして、ベーコンの絵・・・

フランシス・ベーコン BACON

中古価格
¥4,000から
(2014/6/7 04:41時点)



怖くも美しいグロテスク・リアリズムの魅力がそこにあり・・・