ウィザードリィの玄室

ウィザードリィの狂王の試練場で再び今頃になって遊ぶ!加えてウィザードリィ周辺の考察なブログ

狂王の試練場

僧侶から転職して戦士[ナディア]


 『ウィザードリィ』で僧侶から戦士に転職・・・

 狂王の試練場では結構、使える転職で何といっても地下10階の嫌なプリーストブラスターを戦士ならば防げるので一人、いるといいかもしれない。

 僧侶から戦士ならばHPも多く、善か悪の性格ではないと難しいが、必要な経験値は少ない。
 
 ロードより経験値がいらない状態でHPが伸びるので悪のパーティで僧侶から戦士の転職はオススメかも・・・

ナディア (1)


続きを読む

魔法が使える10回攻撃の戦士はレベル50!


 『ウィザードリィ』でレベル50の戦士になるとカシナートの剣で10回攻撃で安定して100ポイント以上の打撃攻撃が可能になる。

 魔法使いと僧侶の呪文を13レベルですべてマスターして3回目で戦士でレベル50!

 10回攻撃で容易に敵を倒せるのが強すぎ。

戦士 (1)

続きを読む

ウィザードリィはアメリカではレベル13で終了?


 アメリカのウィザードリィの狂王の試練場はレベル13でワードナを倒せば終わりだったという。

 ワードナのまよけを入手して城に持ち帰ればエンディングでゲームの物語は終了なので村正やしゅりけんや聖なる鎧が出るまでプレイヤーが粘る、ということはなかったらしい。

 あくまでAppleのしょぼい画面やグラフィックでは『ウィザードリィ』もレベル13で終了!でエナジードレインを食らえばリセットはしないし、カント寺院で死者がロストして埋葬になってもそれは仕方がないな・・だった遊び方だったようなのだが。

 しかし、どうも日本の『ウィザードリィ』のファミコン版の移植が良すぎたのか、日本人はやりこみ『ウィザードリィ』でレベル50で10回攻撃とか三種の神器を全部集めてアイテムコンプリートとリセット技が標準プレイみたいになってしまったらしいのだ。

Wizardry

続きを読む

地下9階でカシナートの剣を入手せよ!


『ウィザードリィ』の地下9階で運が良ければカシナートの剣がでる。

カシナートの剣はFC版も『リルガミンサーガ』も同じように入手可能だ。

地下9階


続きを読む

ウィザードリィのエセルナートは初期設定ではなかった


 『ウィザードリィ』の狂王の試練場の舞台はエセルナートということには一応、なってはいる。

 どうも『ウィザードリィ』の舞台設定を決めたのは安田均のグループSNEらしい・・・なのだが、初めからエセルナートで冒険談とは考えてはいなかったという。

419NVZAMW1L



何度か話題にしてきたけど国産ウィザードリィが今どうなってるのかほとんど知らない。

昔の呪文名は相変わらず使えないようだし、タイトルだけ使ったゲームを発売することは今もできると聞いている。

「エセルナート」というのはウィザードリィの舞台となっている世界の名前である。が、この名前はウィザードリィのTRPGのために日本のグループSNEが設定したものなんだそうだ。

だからファミコン版には出てこない。PS版でいきなりこの設定を採用したことで、若干物議。

リルガミンがトレボー城とイコールなのかそうじゃないのか。その辺曖昧なところが後で設定になったりならなかったり。

日本版設定はどこまで真実なのか?
ウィザードリィの世界に「公式設定」は存在しない。

名前と少ないグラフィックから作られたモンスターの設定も想像にすぎない。

エセルナートのことなど 
続きを読む

大江健三郎の『死者の奢り』なウィザードリィの魅力。


『ウィザードリィ』といえば何もサムライや忍者の右翼的イメージで国賊に天誅!だけではあるまい。

大江健三郎の『死者の奢り』のような暗く・・・陰鬱で屈折した世界もまたゲームに表現されているのではないだろうか?

三島由紀夫のような憂国の英雄で国難に立ち向かうオリエンタルヒーローな世界だけではない。

芥川賞作家からノーベル賞作家に到達した大江健三郎の『死者の奢り』の世界にも通じる迷宮の暗い闇もまた見事だ。

右翼的な人だけではなくて、左翼な人もまたウィザードリィに魅力があるように思っている人も多いのではないか?

大江Oe-Kenzaburo-B_N




続きを読む
We love Wizardry

ウィザードリィ

中古価格
¥660から
(2014/5/31 08:29時点)

SuperLite GOLDシリーズ Wizardry Liylgamyn Saga

新品価格
¥29,800から
(2014/5/31 08:31時点)

末弥純画集 ウィザードリィ

中古価格
¥5,700から
(2014/6/17 19:45時点)

記事検索
カテゴリー
  • ライブドアブログ