芥川龍之介のペンネームのヒントになったのは娯楽小説家の中里介山の『大菩薩峠』の机龍之介であった。

 ニヒルな殺気だった机龍之介が幕末から明治時代から虚構のありえないファンタジックな世界で英雄的に活躍するなぞめいた娯楽小説でもあったらしい。

 『大菩薩峠』はまさに『ウィザードリィ』のような舞台背景もちょっとありそうなゲームノベルでもあったようだ。

 日本のライトノベルファンタジーというより、栗本薫のグインサーガのように未完の娯楽小説で今もファンも少なからずいて、芥川龍之介も中里介山に影響を受けたのは明白だ。

中里介山


 『大菩薩峠』(だいぼさつとうげ)は、中里介山作の長編時代小説。

 1913年~1941年に都新聞・毎日新聞・読売新聞などに連載された41巻にのぼる未完の一大巨編。 幕末が舞台で、虚無にとりつかれた剣士・机竜之助を主人公とし、甲州大菩薩峠に始まる彼の旅の遍歴と周囲の人々の様々な生き様を描く。

 連載は約30年にわたり、話は幕末から明治に入らずに架空の世界へと迷い込み、作者の死とともに未完に終わった。作者は「大乗小説」と呼び、仏教思想に基づいて人間の業を描こうとした。世界最長を目指して執筆された時代小説で、大衆小説の先駆けとされる不朽の傑作である。

(ちなみに、現在の世界最長小説はヘンリー・ダーガー作の『非現実の王国で』で、最長時代小説は山岡荘八作の『徳川家康』である)

 同時代では菊池寛、谷崎潤一郎、泉鏡花、芥川龍之介らが賞賛し、中谷博は文学史上において大衆文学の母胎と位置付けた。

 戦後にも安岡章太郎「果てもない道中記」をはじめ数多くの研究や評論が展開されている。

 大菩薩峠 (小説)


続きを読む