昔、自分が挫折した探偵小説で小栗虫太郎の『黒死館殺人事件』という恐ろしく難解な探偵小説があった。

 妖しげな洋館で密室殺人が起きる話なのだが、悪文というかぺダントリーが強すぎてついに全貌が理解できない作品でもあったのだが。

小栗虫太郎

続きを読む